ブログ

副市長交代へ、議員定数は26へ

こんばんは。正田です。

6月議会であったトッピックスについていくつか書きましたが、

大きな案件として、

副市長の選任と議員定数の削減がありました。

副市長については、古地副市長の退任に伴い、新しく大西英之氏が就任されることと

なりました。

副市長人事ですので、議会の議決が必要ですが、私は同意致しました。

三原市の出身で、私の三原高校の先輩に当たり、また民間での経験がたいへん豊富な方です。

今後、市政にご尽力いただけると理解しています。

もちろん、議員の役割は、チェッカーですので、是々非々で望みます。

良いか悪いかは、全てはこれからです。

 

次に定数については、28人→26人になりました。

議員の削減については、様々な意見があると思いますが、私は適正人数だと理解しています。

削減については、28、27、26などの案がありましたが、1人を除く賛成で26に決まりました。

議員が、市民の側で、チェッカー(監視)の役割を果たし、たよりにされる存在になることが、

私を含め全議員に求められます。

市長(権力)の側で仕事をするのは議員の役割ではありません。

今後ともご理解をいただける活動をすると伴に、議会を面白くすることも私のミッションでは

ないかと考えております。

平成28年6月27日

PAGE TOP